イロドリキョウト

ブログ

ブログblog

真っ白な空間に着物が映える♪カフェ「walden woods kyoto」

2019年3月20日    おいしいもん♫ 

こんにちは~!最近はとっても暖かくなりましたね。肌寒い日もありますが、日差しはもう春!暖かくなるといろんなところにお出かけしたくなりますね♪
さてさて、今回はインスタでもおなじみのあのカフェに、イロドリキョウトのモデルももかちゃんと、はるかちゃんと一緒に行ってきましたよ~。 真っ白なカフェで名高い、オシャレ女子ご用達の「walden woods kyoto」です♪
イロドリキョウト
インパクトのある建物は大正時代に建てられた洋館をリノベーションしたもの。由緒ある建物の風情と、モダンな要素がmixしていて、とってもオシャレですよね♪
イロドリキョウト
ちなみに、イロドリキョウトの着物も古い物は大正時代のものもあるんです。レトロモダンなお着物で、「walden woods kyoto」を訪れるのも面白いのではないでしょうか?
イロドリキョウト
さて店内に入ってみると、目を引くのが1960年代のドイツ製のヴィンテージ焙煎機。とっても立派でカッコイイ~んです☆思わず写真を撮りたくなっちゃいます♪  豆の特徴に合わせて焙煎してるんだそうですよ。
 
イロドリキョウト
イートインする場合は1階で注文して2階でいただきます。二人が頼んだのは「抹茶ラテ」(600円)。鮮やかなグリーンが目を引きます。着物で訪れる人の大半は抹茶ラテを頼むんだとか。写真映えするおすすめメニューのようですね。
イロドリキョウト
さて、お待ちかねの2階へ。「walden woods kyoto」のコンセプトは『ウォールデン 森の生活』で、思想家ヘンリー・D・ソローが約二年過ごした自然を再現したもの。森のような空気感の中で、自由に過ごしてほしいという思いから造られたカフェスペースなんですよ。
 
イロドリキョウト
2階は椅子やテーブルがなく、床に座ったり、寝そべったり思い思いに過ごせるような空間になっています。おしゃべりしたり、本を読んだりと過ごし方は自由。春の日差しがやわらかく差し込む明るい空間に身を置いていると、心が晴れやかな気持ちになるから不思議です。
イロドリキョウト
イロドリキョウト
真っ白な空間は写真映えするの一言に尽きます。色彩鮮やかな着物だと、さらに映えますね~。
イロドリキョウト
イロドリキョウト
取材スタッフが注文したのは、「ラテ」(450円)。こちらもラテアートが素敵とあって人気なんだそうです。浅煎りのコーヒー豆を使ったミルクたっぷりのラテはミルキーなやさしい味わい。たっぷり入っていてお得感もありました★
イロドリキョウト
1階では店内で焙煎したコーヒーも販売していましたよ。
店を出るときには、スタッフの方から笑顔で「素敵な一日を」とのうれしい声かけが。一日の始まりに訪れるにふさわしい、まるで本当に森の中にいるような、清々しい気持ちになるカフェでした♪
イロドリキョウト
 

LINE@友だち追加